米ヤフー、ソーシャルネットワークのDemand Mediaに食指か--米報道

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年07月10日 10時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この2カ月を投資家Carl Icahn氏との委任状争奪戦に忙しく取り組んできた米Yahooが、ソーシャルネットワーク企業であるDemand Mediaの買収に食指を動かしているとうわさされている。

 TechCrunchは匿名の情報筋からの話として、Yahooの米国地区における市場投入業務を担当するHilary Schneider氏が数週間前に、カリフォルニア州サンタモニカにあるDemand Mediaのオフィスを訪れ、Demandの買収額を15億ドル〜20億ドルと見積もったと伝えている。

 TechCrunchによると、Demand Mediaはこの話に乗らなかったのだという。同社創業者のRichard Rosenblatt氏は、30億ドル規模の買収を求めているといわれている。

 All Things Digitalは、この会合について別の見方を示している。

 Rosenblatt氏はAll Things Digitalとのインタビューで、「ここには多くの可能性がある。わたしは長期にわたって大企業を作りたい」と述べている。

 All Things Digitalはまた、Yahoo情報筋からの話として、Demand Mediaを買収する「提案は一切ない」と報じている。

 しかし、TechCrunchもAll Things Digitalも、両社の合併については悪い考えではないと述べている。

 TechCrunchは次のように述べている。

 Demand Mediaが得意とする、広告インプレッションの大量生成やメディアサイト向けの特定ソーシャルネットワークの構築が、少なくともYahooを苦しめているいくつかの分野に完全に合致するかもしれない。これは大いにありえることだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加