インテルとDreamWorks、3Dアニメ技術で提携

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年07月09日 11時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IntelとDreamWorks Animationは米国時間7月8日、DreamWorksの3Dオーサリングツールの強化で戦略的提携を発表した。

 3D長編アニメ映画の人気が高まる中、DreamWorksはIntelの最新製品から将来製品に至るまで、複数のプロセッサコアを搭載する高性能チップを活用できるようになる。IntelのソフトウェアエンジニアはDreamWorksと協力し、DreamWorksのアプリケーションがIntelベースのコンピューティングインフラストラクチャで稼働するよう調整する。

 DreamWorksの最高経営責任者(CEO)であるJeffrey Katzenberg氏は声明で、「テクノロジは、われわれのアーティストが物語を作るための重要な役割を果たしている。Intelの業界随一のコンピューティング製品を活用することによって、映画ファンがわれわれの映画を3Dで体験できる新しい革新的な方法を作り出していく」と述べた。

 この提携によるプロジェクトの第1弾は、DreamWorksの最新作「Monsters vs. Aliens」である。同作品は2009年3月27日の公開が予定されている。

 この作品は、2009年から立体メガネによる3D長編映画のみを制作するというDreamWorksの取り組みの一環である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加