インターネット、「がくっぽいど」の発売日が決定、サンプル曲2曲も公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットは7月3日、アーティスト「Gackt(ガクト)」の声をもとに制作したたバーチャルボーカリスト「がくっぽいど(GACKPOID)」を、7月31日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は1万8900円前後の見込み。また、発売日発表に伴い、パッケージイメージとサンプル曲を同社HPで公開する。

 パッケージイメージのキャラクターは、マンガ家の三浦建太郎氏がデザインし、「神威(カムイ)がくぽ」と名付けられた。サンプル曲として「RETURNER〜闇の終焉〜」「島唄」を公開している。

 「がくっぽいど」は、Gacktの声質による合成音で歌声を再現するソフトで、入力した楽曲の歌詞と旋律に合わせて、ボーカルやコーラスの音源を作成できる。合成技術やユーザーインターフェイスには、ヤマハの歌声合成ソフトウェア「VOCALOID2」を採用した。データの保存形式はWAVファイル。

 対応OSはWindows Vista/XP。推奨スペックは、CPUがPentium4(2.8GHz)/Athlon 64 2800+(1.8GHz)以上、メモリは1GB以上。

インターネット=http://www.ssw.co.jp/
「がくっぽいど(GACKPOID)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加