楽天とUSEN、GyaOで楽天市場の商品情報を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天とUSENは7月2日、コンテンツの相互提供に関する業務提携を拡大し、USENが運営する無料動画配信サービス「GyaO」で、「楽天市場」商品の情報提供を開始すると発表した。

 楽天とUSENは、これまでもコンテンツの相互提供を行なっており、2001年11月に両社の合弁会社であるショウタイムを設立し、現在、同社が運営する有料動画配信サービス「ShowTime」に加え、楽天で「楽天VIDEO」、USENで「GyaO@ShowTime」を展開している。

 今回の提携では、「楽天ウェブサービス」のAPIを利用して、楽天市場の売れ筋ランキング情報をUSEN向けに新設し、約2400万品の商品の売れ筋情報をUSENへ提供する。

 これにより、ユーザーがGyaOで動画を視聴する際に、見ている動画のジャンルにあわせた旬の売れ筋情報が同時に表示されるようになる。あわせて、USENの運営するFTTHサービス「GyaO 光」でも、楽天市場商品の情報提供を開始する。

 また両社は、今秋をめどに、GyaOサービス内で楽天市場を、楽天グループのサービス内でGyaOを展開するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加