「マイクロソフト アドバタイジング」始動、MSがオンライン広告事業を強化

鳴海淳義(編集部)2008年06月30日 14時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは6月30日、オンライン広告事業を「マイクロソフト アドバタイジング」(Microsoft Advertising)ブランドのもとで7月1日より展開することを発表した。

 マイクロソフトはこれまでに、aQuantive、Massive、ScreenTonicなどの広告会社を買収しているほか、Facebook、Digg、Viacom、Wall Street Journal Networkなどのデジタルメディアとも提携し、オンライン広告事業拡大を図ってきた。

 7月にはaQuantive傘下の広告ネットワーク「DRIVEpm」が新しく広告ソリューションに加わる予定だ。

 マイクロソフト アドバタイジングでは上記の資産と、「MSN」、「Windows Live」、「Microsoft Office Online」、「Windows Media.com」などの自社メディア、「Microsoft Silverlight」、「Virtual Earth 3D」などの自社開発テクノロジーを融合し、広告主と媒体社にソリューションとして提案していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加