logo

マイスペース、「Data Availability」向けAPIをリリースへ

文:Caroline McCarthy(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年06月27日 16時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 News Corp.傘下のMySpaceは米国時間6月26日、「Data Availability」向けAPIを公開する。Data Availabilityは、MySpaceが5月に発表した開発者向けプロジェクト。参加するソーシャルサイトは、Data Availabilityを通じて、ユーザーに写真や興味、友達リストのインポートなど、MySpaceプロフィールとアカウントの同期を可能にすることができる。

 Data Availabilityの立ち上げ時には、Yahoo、eBay、Twitter、News Corp.傘下のPhotobucketなどがパートナーとして参加している。だが、API公開により、どのサードパーティーサイトでもアクセスが可能になる。認証はオープン標準である「OAUTH」を通じて処理され、高水準なコーディングが不要になるよう設定されている。

 MySpaceの開発者ブログには、「ユーザーは、何時間も費やして自分のプロフィールをアップデートや変更したり、コンテンツをアップロードしたり、友人関係を構築している。あなた方開発者らの助けがあれば、MySpaceユーザーはインターネットでどこにいようとデータにアクセスできるようになる」と書かれている。

 しかし、このようなプロジェクトはこれが初めてではない。ライバルのFacebookは、自社の既存APIを拡張して「Facebook Connect」という形でデータポータビリティを実現しており、Googleはソーシャル要素を持たないウェブサイトにソーシャル機能を付加できる「Friend Connect」プロジェクトを開始している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集