logo

退社した米ヤフーのエバンジェリスト、次の職場はCraigslistと発表

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一2008年06月20日 15時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Yahooでは開発者かつエバンジェリストとして知られ、同社を退社したばかりのJeremy Zawodny氏が転職先を発表した。新しい職場はCraigslistだという。

 Zawodny氏は自らのブログで、「3秒ほど、私の小さな脳のなかで何かがカチカチと音を立てた後、Craigslistがちょっとほかにはない組み合わせであることに私は気がついた。財務基盤がしっかりした小さな会社で、私自身が使っているすばらしいサービスを提供しており、物事をうまく行うことに本当に関心を持つ人たちによる、焦点のはっきりした集団で、オープンソースに対して友好的な環境でもある」と述べている。

 Zawodny氏はYahoo時代、Yahoo Developer Networkの構築に尽力し、オープンソースのソフトウェアとサービスを強力に提唱した。その一部は、例えば現在Yahoo Open Strategyに組み込まれている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集