Last.fm、ユニバーサルミュージックの音楽ビデオを提供

文:Caroline McCarthy(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年06月18日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Universal Music Groupとlast.fmは米国時間6月17日、Universal所属アーティストの音楽ビデオがソーシャル音楽サイトlast.fmで視聴可能になることを発表した。

 今回の提携により、The Killers、Jay-Z、Snow Patrol、Amy Winehouseなどの広告付きビデオがlast.fmで視聴可能となる。last.fmは、Universalの楽曲カタログをストリーム提供するための契約を既に結んでいる。

 last.fmが音楽ビデオを提供するのは、今回が初めてとなる。同サイトでは、オリジナルのビデオ番組を5月より提供していた。

 共同創設者のMartin Stiksel氏は、「われわれの音楽カタログに劣らないビデオライブラリを提供したいと考えている。音楽関連コンテンツならlast.fmとなるよう、取り組みを進めている」と声明で述べ、「今回の提携は、そのゴールへの第一歩」と付け加えた。競合のImeemもビデオ契約を狙っており、大手MySpaceはMySpaceTVプレーヤーで音楽ビデオを提供している。

 今回のUniversal Musicとの提携は、同じく大手レーベルであるWarner Music Groupがlast.fmの音楽サービスから手を引いた1週間後に発表されている。last.fmを2007年に買収したCBS InteractiveはWarner Music Groupとの取引が終了した際、新しい契約について現在交渉中と述べていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加