logo

AMD、物理演算エンジンのHavokと提携

文:Brooke Crothers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年06月13日 16時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AMDは、Havokの持つゲーム技術をAMDプロセッサに最適化するため同社と協力する計画だ。米国時間6月12日に両社が発表した。

 計画では、AMDのマルチコアプロセッサとグラフィックス処理装置(GPU)を利用するゲーム向け物理エフェクトを最適化する予定である。

 ゲーム物理は、ゲームに物理法則、つまり現実世界のシミュレーションをもたらす。たとえば、爆発は地形しだいでさまざまにモデリングすることができる。

 2007年9月にIntelに買収されたHavokは、デジタルメディアクリエーター向けに開発ツールとサービスを提供している。Havokの技術は、「BioShock」や「Stranglehold」「Halo 2」「Half Life 2」などのゲームタイトルで採用されているほか、「マトリックス」や「チャーリーとチョコレート工場」などの映画でも特殊効果を作り出すために使われた。

 物理コードはこれまで、AMDの4コアプロセッサである「Phenom X4」などのCPU上で動いていた。この協力の一環として、HavokとAMDは、AMD CPU上でのHavokの物理技術をさらに最適化していくことを計画している。AMDのGraphics Products Groupでマーケティング担当バイスプレジデントを務めるMatt Skynner氏によると、約300タイトルが現在、AMD CPU上のHavok物理技術に最適化されているという。

 しかし、AMDはこうしたCPUを中心としたアプローチをさらに進め、GPU上のコンポーネントの最適化も目指している。「計画では、物理(技術の)のうちGPU上で高速処理可能なものを正しく選定し、活用する点でもHavokと協力していく」(Skynner氏)

 HavokのマネージングディレクターであるDavid O'Meara氏は声明で、「われわれが主要なゲーム開発者らから得たフィードバックの中には、中核となるゲームプレイシミュレーションは、CPUコア上で実行されるべきだという意見がある。中核となるシュミレーション以外では、特定のシュミレーションの計算で超並列処理製品(GPU)の能力を生かせる技術的可能性がある」と述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集