logo

I・Oデータ、PCIバス対応地上デジタル対応TVキャプチャボード「GV-MVP/HX」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・オー・データ機器(I・Oデータ、細野昭雄社長)は6月4日、PCIバス対応の地上デジタル放送対応のTVキャプチャボード「GV-MVP/HX」を6月末に発売すると発表した。税別価格は2万1000円。

 地上デジタル放送のハイビジョン映像をパソコンで視聴・録画できるのTVキャプチャボードで、インターフェイスはPCI。検索機能にこだわったオリジナルのキャプチャソフト「mAgicTV Digital」を付属する。

 受信チャンネルは地上デジタル000〜999(CATVパススルー対応)、地上デジタル放送機能として字幕放送/データ放送/双方向データ放送/マルチ音声/二重音声/EPGに対応。映像形式はMPEG2(MP@HL)。音声形式はMPEG-2 AAC、最大連続録画時間は24時間。サイズは、幅約140×高さ90.8×奥行き14mm(スロットカバーおよび突起部含まず)、重量は約97g。

アイ・オー・データ機器=http://www.iodata.jp/
「GV-MVP/HX」

-PR-企画特集