ASUS、「Eee Box」を発表--「Wii」似の小型デストップPC

文:Rich Brown(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年06月03日 15時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ASUSは米国時間6月2日朝、同社デスクトップPC「Eee Box」を発表した。同製品は、小型で、ゲーム機「Wii」に外見が似ている。米国では主にオンライン小売業者を通して2008年後半に発売される(一部実店舗でも発売される可能性はある)。

 Eee Boxの大きさは、高さ8.5インチ(約21.59cm)、幅1インチ(約2.54cm)、奥行き7インチ(約17.78cm)。同梱されたスタンドに立てても、横に置いても使える。

 公式の仕様は以下の通りだ。

  • OS:Linuxシステム/Windows XPとハードウェア互換
  • CPU:Intel Atom N270(1.6 GHz, FSB 533)
  • メモリ:1Gバイトもしくは2GバイトのDDR2
  • ハードドライブ:80Gバイトもしくは160Gバイト(5,400rpm)
  • チップセット:Intel 945GSE+ICH7M
  • 内蔵グラフィックチップ:Intel GMA 950
  • ネットワーキング:10/100/1000Mbps LAN、802.11n WLAN、Bluetoothオプション
  • メディアカードリーダ:SD、SDHC、Mini SD、(Micro SDはアダプタ経由)、MMC、MMC plus、MMC4.x、RS MMC、RSMMC4.x(MMC mobileはアダプタ経由)、MS、MS PRO
Eee Box 提供:ASUS

 背面ポートには、USB 2.0を2個、Gigabit LANを1個、DVI出力、S/PDIF付きの左右のオーディオライン、WiFiアンテナ入力がある。オプティカルドライブはないが、アップグレードと修理を簡素化するため、取り外し可能ハードドライブを特徴としている。

 ASUSは、Eee Boxを世界各国でさまざまな構成で販売するが、米国では3モデルを販売する。269ドルで1GバイトRAMおよび80Gバイトハードドライブ搭載のLinuxモデル。299ドルで2GバイトRAM、160Gバイトハードドライブ搭載のLinuxモデル。さらに、299ドルで1GバイトRAM、80Gバイトハードドライブ搭載のWindows XPモデルがある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加