logo

プラダの“センス”を携帯する--NTTドコモ「PRADA phone by LG」 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NTTドコモ
内容:iPhoneより一足先に米国などで発売されて話題になったPRADA phoneがいよいよ日本でも発売となる。このPRADA phoneが持つ「ブランド」はこれまでのブランドケータイとはひと味違うものとなっている。

軽いシンプルなハイエンド端末

 ファッションブランドが自己表現のツールとなる反面、ブランドを持つことが目的化している側面も多々見られる。よく「オシャレは我慢がつきもの」なんて言われるが、これだけケータイが生活に深く入り込んでいる日本において、いくらブランドモノでも使いにくくては困る。

 その点、日本に導入された3G版PRADA phoneは安心感を持って迎えられる。

 まずデザインは完全にPRADAの意匠だ。真っ黒な表面の上部に銀色の「PRADA」の文字が光る。壁面もシルバーがあしらってあり、裏側も真っ黒。非常にクールでシンプルなデザインに仕上がっていて、誰もが目を奪われる雰囲気が漂う。

 サイズは高さ101mm × 幅54mm 、厚み12.7mm。昨今のコンパクトな折りたたみ端末よりも少し幅が広めだが、重さはなんと約92g。全面がディスプレイで100gを切る重さは、手に取るときに力を余すほど軽く感じる。ディスプレイのサイズは3インチでワイドQVGAは細かすぎず適度な解像度だ。

 先にも触れたが3Gハイスピードに対応し、下り最大7.2Mbpsのダウンロードが可能。この通信を生かせるのは、他のdocomoのケータイと同じi-modeやデコメールにも対応したi-modeメール、iアプリなどだ。また2メガピクセルAFカメラも搭載している。レンズはSchneider-KREUZNACH製、こだわりが見られる。

 海外メーカーのケータイではあるが、日本の最新のコミュニケーションやコンテンツの機能に対応している点はうれしい。しかしおサイフケータイやワンセグ試聴など、ハードウェアとして対応が必要な日本特有の機能にまで踏み込んでの対応はしていないので注意が必要だ。海外でも端末を展開するであろうPRADA phoneの事情が透けて見える。

  • 端末表面。テレビ電話用のインカメラも右上に配置されている

  • 背面。カメラはオートフォーカス2メガピクセル。Schneider-KREUZNACH製レンズにもこだわる

  • 右側面。左からシャッターボタン、ページ送りボタン、データポートが並ぶ

  • 左側面。イヤホンマイクポート、ロックボタン、マルチタスクボタンが並ぶ

  • 底面。マイクと電池蓋を取り外すためのボタンがある

  • 上面。赤外線ポートが配置されている

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]