logo

2007年国内OS市場規模は前年比0.1%減の1995億円--IDC Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは5月29日、国内オペレーティングシステム市場規模予測を発表した。

 発表によると、2007年の国内オペレーティングシステム市場規模はクライアントオペレーティングシステム市場が前年比1.2%増の1262億円とプラス成長だったものの、Windows Vistaの企業向け出荷が伸び悩み、前年比0.1%減の1985億円だった。サーバオペレーティングシステム市場はx86サーバの出荷不振が響き、前年比2.2%減の723億円だった。

 クライアントオペレーティングシステム市場は2008年以降、企業向けにWindows Vistaの導入が進むことやPCのリプレイスサイクルに入ることから、2007〜2012年の年間平均成長率(CAGR)は3.4%で成長する見通し。一方、サーバーオペレーティングシステム市場はWindows Server2008の本格導入およびx86サーバの回復、エンタープライズでの適用などにより、2007〜2012年のCAGRは2.4%で成長、2007〜2012年の国内オペレーティングシステム市場のCAGRは3.0%で成長し、2012年には2305億円に達すると予測している。

-PR-企画特集