エグゼモード、503万画素のデジタルビデオカメラ、実売1万2800円で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エグゼモード(藤岡淳一社長)は、デジタルビデオカメラ「EXEMODE DV505」を5月30日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1万2800円前後の見込み。通販サイト「ネットプライス」で先行予約を開始した。

 有効約503万画素の1/2.5型CMOSイメージセンサーを搭載。動画の記録方式はAVIに対応し、解像度640×480ピクセル、320×240ピクセルの動画を記録できる。レンズは35mmフィルムカメラ換算で44.01ミリの単焦点だが、4倍のデジタルズームを搭載。12cmのマクロ撮影にも対応する。ディスプレイサイズは2.4型。

 32MB容量のフラッシュメモリを内蔵するほか、最大2GBまでのSDメモリーカード、マルチメディアカードにも対応する。電源は単3形アルカリ乾電池4本を使用し、最大で約3時間の連続撮影が可能。単3形ニッケル水素電池も使用できる。本体サイズは幅54mm×高さ73mm×奥行き132mmで、重さは約228g。

エグゼモード=http://www.exemode.com/
「EXEMODE DV505」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加