logo

オペラソフトウェア、ウィジェットの作成を促進するSDKを公開

文:Jessica Dolcourt(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年05月22日 16時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現地時間5月21日にリリースされた「Opera Widgets Software Development Kit(SDK)」により、Opera Software(本社:ノルウェー)は、世界のブラウザシェアを独占するという壮大な目標に1歩近づくことになる。

 ウィジェット作成者はOpera Softwareが提供するSDKを利用することで、Operaブラウザをサポートする幅広いデバイスに自らのウェブアプリケーションを展開できるようになる。

画像の説明
Operaウィジェットは、PCやデスクトップ、Wiiに展開可能(提供:Opera Software)

 Opera Widgets SDKはW3C標準に準拠し、CSS、JavaScript、AJAX、HTML言語をサポートする。キットにはエミュレータ、ライブラリ、開発のベストプラクティスに関するノウハウの詰まったドキュメントが含まれる。エミュレータに同梱されるデバッグツール「Opera Dragonfly」は、開発者にとって便利かもしれない。もっとも、現在アルファの段階にあるDragonflyそのものがデバッグの必要性に直面しているかもしれないが。

 開発キットを支えるのは、Operaの開発コミュニティサイトで配布されている個々のヘルプ記事やスタイルガイドだ。

 Operaブラウザには、デスクトップ向け以外に、Windows MobileやNintendo Wii向けのものがある。SDKには、過去のものより多くのワークフローツールが同梱されており、これを利用することで、1つのウィジェットをあらゆる種類のウィジェットに対応させることができる。

 唯一、サポート対象外になっているのが、Java対応の携帯電話向けに出されている「Opera Mini 4.1」。このブラウザは機能が簡略化されているため、ウィジェットをサポートしていないのである。

 Operaはデスクトップブラウザ市場では振るわないが、これまでの動きから、同社は製品を広める方法を知っていることが分かる。ウィジェット開発者は、自分のプログラムを広める方法について、同社から学ぶべき点があるかもしれない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集