クラウンジュエル、アパレルブランド事業の「シアターエイト」を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントの連結子会社であるクラウンジュエルは5月16日、「Theater8(シアターエイト)」をオリジナルアパレルブランドとした「株式会社シアターエイト」を設立した。資本金は500万円で、クラウンジュエルが100%の株主となる。

 Theater8は、仮想の劇場をコンセプトとして2006年に開始したアパレルブランド。Theater8はではこれまでに、映画やキャラクター、企業の持つアイコンなどのシンボルをファッションと融合させ、「ゴッドファーザー」や「マリリン・モンロー」「ジョン・レノン」などをテーマにした商品を販売したほか、アニメーション「機動戦士ガンダム」を商材にしたアイテムも発表している。Theater8の商品は、伊勢丹新宿店を含む、全国28都道府県45店舗のほか、インターネット上でも販売中だ。

 このたびの会社設立により、シアターエイトでは、意思決定の迅速化、およびマーケットの変化に柔軟に対応できる体制を実現し、さらなる事業発展を図るとしている。今後は、アパレル分野におけるオリジナルアイテムの展開のほか、企業タイアップの企画・制作を展開する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加