オウケイウェイヴ、FAQ作成管理ツールとQ&A情報活性化ツールの最新版を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オウケイウェイヴは5月13日、FAQ作成管理ツール「OKWave Quick-A Ver. 5.8」、およびQ&A情報活性化ツール「OKWave ASK-OK Ver. 5.8」を発売した。

 最新版となる両製品では、モバイルユーザー向けに3キャリア対応の投稿機能を中心とした機能強化を図っている。価格はQuick-A、ASK-OKともにASP版の初期導入費用が200万円から、月額利用料金が35万円からとなる。パッケージ版の場合、初期導入費用が250万円から、パッケージ費用が800万円からとなっており、別途保守費用が発生する。また、アプライアンスサーバ版は800万円からとなっており、別途保守費用が発生する。

 OKWave Quick-Aは、FAQの作成・編集・承認・公開のワークフローの業界標準「FAQ Management」を実装したFAQ作成管理ツールだ。HTMLの知識がない担当者でも、FAQの更新などに関わる作業を、ウェブブラウザ上にて作成・管理できる。

 最新版となるOKWave Quick-A Ver. 5.8では、これまで提供してきた携帯電話からのFAQサイトの閲覧機能に加え、新たに、携帯電話からのユーザー登録/ログイン機能を実装した。オウケイウェイヴでは、これにより、携帯電話でのFAQの閲覧から問合せまでを、シームレスに作業できるとしている。

 一方のOKWave ASK-OKは、ウェブブラウザ上で社内外向けのQ&Aコミュニティー、ナレッジコミュニティーなどの構築が可能な、ソリューションだ。 Q&Aサイト「OKWave」の運用実績にもとづくコミュニティー活性化のノウハウと、ユーザビリティを備えている。

 最新版となるOKWave ASK-OK Ver. 5.8では、携帯電話からのサイト閲覧機能の向上、および質問と回答の投稿機能を実装。場所を選ばずナレッジの蓄積、および活用できるシーンが拡大するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加