logo

グーグル、3月の米国動画閲覧シェアで断トツの首位

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年05月13日 10時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間5月12日に発表された新しい統計によると、米国では、3月に約115億の動画がオンラインで閲覧されたという。そして、Googleがオンライン動画分野におけるシェアを拡大している。

 閲覧された動画全体のうち、38%をGoogleの動画サイトが占めていた、とcomScoreは述べている。Googleの動画サイトのうち、98%はYouTubeによるものだった。Googleは2月から市場シェアを2.6ポイント増加した。

 競合の市場シェアとしては、Fox Interactive Mediaが4.2%、Yahooが2.9%、Viacomが2.2%、Microsoftが2.1%となっている。

 Googleは2006年に16億5000万ドルでYouTubeを買収した。最高経営責任者(CEO)Eric Schmidt氏は先週、同社は新しいYouTubeの広告技術に取り組み、YouTubeからより多くの利益を得ようとしていると述べている。

 comScoreによると、動画の閲覧総数は、2月から13%、2007年3月からは64%成長したという。

提供:comScore

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集