Facebook、設備投資費用として1億ドルを借り入れ

文:Steven Musil(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年05月12日 15時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソーシャルネットワーキングサイト(SNS)のFacebookが、急激な成長に対応するための資金として1億ドルを借り入れたことがBusiness Weekの記事から明らかになった。

 同記事によると、Facebookはサーバファームの拡張などのインフラ整備を行う予定で、そのための費用をカリフォルニア州メンロパークに拠点を置くベンチャー金融サービス企業TriplePointが融資するという。Facebookは現在運用中のサーバの台数は明らかにしていないが、調査会社Data Center Knowledgeはおよそ1万台と見積もっている、とBusiness Weekは伝えている。FacebookはTriplePointから借り入れた資金でおよそ5万台のサーバの購入が可能で、それだけあれば、同社は「向こう1、2年に必要な一種のヘッドルームの構築が可能」と調査会社Forrester Researchのバイスプレジデント、Frank Gillett氏はBusiness Weekに語っている。

 Facebookは現在の会員数は7000万人としているが、調査会社comScoreは1億人を超えていると見ている。

 Facebookの最高経営責任者(CEO)、Mark Zuckerberg氏は1月、2008年の売上予測を3億ドルから3億5000万ドルに引き上げたと発表した。2007年の売上総額1億5000万ドルと比較すると大幅な増加だ。株式非公開企業のFacebookは、2008年に総額2億ドルの設備投資を行う計画を発表しており、同社の従業員数もおよそ450人から1000人以上に増える見込みだ。

 Business WeekはFacebookの借入総額を3億5000万ドルと見積もっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加