任天堂の山内溥相談役、日本で一番の富豪に

文:Daniel Terdiman(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年05月09日 11時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Forbes誌が発表した調査報告によると、任天堂相談役(元会長)の山内溥氏が日本一の富豪になったという。これは、任天堂のゲーム機「Wii」が驚異的な人気となったことが要因だと見られている。

 Reutersは米国時間5月8日、Forbesの調査報告を引用し、山内氏の資産はここ1年で30億ドル増え、現在の資産額は78億ドルだと述べている。これにより、森トラスト社長の森章氏を抜き、日本で第1位の富豪となった。

 Reutersによると、山内氏は任天堂株の10%を保有しているという。Wiiの好調な売り上げにより、同社の時価総額は約790億ドルまで上昇している。

 任天堂は米国でWii Fitを間もなく発売開始することから、2009年にかけて時価総額がさらに上昇する可能性がある。ビデオゲームアナリストによると、Wii Fitはこれまでで最もよく売れたゲームの1つとなる見通しだという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加