サン、「OpenSolaris」をリリース--アマゾンのEC2で利用可能に

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年05月07日 10時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsは米国時間5月5日、同社OS「Solaris」のオープンソース版「OpenSolaris」をリリースしたと発表した。また、Amazon.comとの提携も明らかにした。

 OpenSolarisプロジェクトは、開発に3年以上が費やされた。Sunは、開発者、学生、既存Linuxユーザーへの同OSの普及を目指している。

OpenSolaris 提供:Sun Microsystems

 また、Sunは、Amazon.comとの提携も発表した。この提携によりSunは、OpenSolarisをAmazon.comのElastic Compute Cloud(EC2)のオンデマンドサービスとしてリリースする。OpenSolarisは、EC2サービスのOSおよびストレージサービスとして、CPU時間あたり10セントからの使用料で利用可能となる、と同社は述べた。Sunは、OpenSolarisについて、最も堅牢なUNIX系OSと述べている。

 OpenSolarisには、CDからの起動や、インストールの容易なロールバックなどの興味深い機能を提供する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加