マイクロソフト、「Live Mesh」サービスをベータ公開 - (page 2)

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部2008年04月23日 15時59分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また、Microsoftは、すでに提供している内容と最終的にLive Meshで目指しているものの両方で大きな競争に直面している。Microsoftは消費者と開発者の両方に対して、同社のアプローチが最善であることを納得させる必要があるだろう。

 現時点で提供しているサービスについて言えば、リモートデスクトップまたはファイル共有機能を提供するウェブサービスは、いくつか名前を挙げるだけでも、「Box.net」「LogMeIn」「GoToMyPC」「SugarSync」およびMicrosoft自身の「FolderShare」などたくさんある。

 明らかにMicrosoftはさらにその先まで進もうとしており、Meshを開発者が次のようなアプリケーションを作成できる場所にしたいと考えている。それは、あらゆる種類のデバイスに搭載でき、データと設定情報をクラウドに格納し、1つのデバイスで変更が加えられると自動的に他のデバイスやクラウドと同期するアプリケーションである。

 しかしウェブのプラットフォームを目指しているのはMicrosoftだけではない。FacebookやOpenSocialのような消費者向けの取り組みもあれば、AmazonやSalesforceのForce.comのような企業向けの取り組みもある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]