アニメ「コードギアス」放送前の第3話がネットに流出--原因は不正検証時の操作ミス

岩本有平(編集部)2008年04月17日 12時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎日放送、サンライズ、コードギアス製作委員会が制作するアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュR2」の放映前の動画がインターネット上で公開されるということが起こった。

 同アニメは4月5日より放送を開始し、現在第2話までが放送されている。しかし4月15日17時頃には放送前の第3話がYouTubeなどの動画共有サイトにアップロードされている状態だったという。

 同制作委員会およびバンダイチャンネルによると、今回流出した映像は、インターネット上への不正投稿検証用に切り出した映像だという。

 バンダイチャンネルは同アニメのインターネット配信を担当しているが、その不正投稿の検証作業を委託しているソリッド・エクスチェンジが、本来検証用のシステム内に保管すべき動画を、検証作業中に誤ってアップロードしてしまったものだと両者は説明する。今回インターネット上での公開が確認された動画以外については「アップロードされていないことを確認済み」(バンダイチャンネル)としている。

 なお、第3話については、予定通り4月20日17時に放送するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加