米ヤフー、ウェブクローラーソフトウェアをアップデート

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年04月15日 10時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Yahooは米国時間4月14日、第3世代目となるインデックスソフトウェア「Slurp 3.0」を使ってワールドワイドウェブのインデックス化を開始したと述べた。

 Sharad Verma氏とYoram Arnon氏は14日にYahooの検索関連のブログでの投稿で、「すべての準備が整ったため、機能が正式に開始した」と述べた。

 ライバルである検索大手のGoogleとは異なり、Yahooは同社のインデックスソフトウェアの変更点について詳細を明らかにしていない。Googleは11日、自社のインデックスソフトウェアでウェブページのフォームに情報を入力可能にすることでこれまで確認することのできなかったページを発掘しようとしていることを明らかにした。

 同社は、インデックスソフトウェア(ボットやクローラー、スパイダーと呼ばれることもある)を監視している人々に対し、このインデックスソフトウェアは、「Slurp 2.0」の世代からのメソッドをアップデートするためサイトにアクセスすると忠告している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加