logo

地域WiMAX無線局の申請事業者は41社--総務省が申請状況を公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省は4月11日、広帯域移動無線アクセスシステムのうち、2.5GHz帯の周波数(固定系地域バンド)を使用する無線局の申請の受け付け状況を公表した。

 固定系地域バンドは、地域のデジタルデバイドの解消や公共サービスの向上などを目的に、無線ブロードバンドサービスを展開する事業者に対して割り当てられる周波数。原則として、市町村単位で免許が割り当てられ、周波数2575MHz〜2595MHzのうち10MHz幅が使用され、通信方式はWiMAXが対象となる。

 総務省では2008年3月3日から4月7日の間に公募を実施しており、今回その結果が発表された。申請を行った事業者は全国62市町村から41社となっており、このうちの40社をCATV事業者が占めた。なお、残り1社は電気通信事業者の東北インテリジェント通信となっている。

 申請された提供サービスとしては、5社がブロードバンド・ゼロ地域の解消を挙げている。そのほか計画されているサービスでは、防災・防犯サービスが35件、児童・高齢者見守りサービスが17件にのぼった。

-PR-企画特集