日本HP、夏モデル第1弾の13.3インチワイド液晶搭載ノートPCほか1機種を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは4月11日、個人向けPC「HP Pavilionシリーズ」の夏モデル第1弾として、新デザイン「ZEN-design grid」を採用し、eSATA/USBコンボポートを搭載した13.3インチワイド液晶搭載ノートPC「HP Pavilion Notebook PC dv3000/CT」を発表した。

 また、dv3000/CTと同時に、デザインコンテストの最優秀デザインを製品化した、14.1インチワイド液晶搭載ノートPC「HP Pavilion Notebook PC dv2800/CT Artist Edition」を国内400台限定で販売する。

 両製品とも同社のオンラインストアHP DirectplusおよびHP Directplusコールセンター、常設展示スペースHP Directplus Station、HP Directpartnerで、4月下旬以降より販売を開始する。価格は、dv3000/CTが10万9200円から、dv2800/CT Artist Editionが8万9880円からとなる。

 dv3000/CTは、HP PavilionノートPCシリーズの新ラインアップとなる13.3インチワイド液晶搭載の個人向けノートPC。約2.0kgの軽量ボディながら、ハイビジョン映像と音声を1本のケーブルで出力できるHDMIポートや、45nmプロセスルールの採用により高性能と低消費電力を実現したインテルの最新デュアルコアプロセッサ、NVIDIA GeForce 8400M GSグラフィックスを標準搭載するなど、メインPCとしても十分活用できる。

 また、標準搭載のeSATA/USBコンボポートにより、USB2.0の5、6倍の転送速度(3Gbps、約300Mバイト/秒)で外付けHDDなどとデータのやり取りができる。日本HPによると、ノートPCへのeSATA/USBコンボポート搭載は業界初という。

 さらに、落下の加速度を感知してHDDのヘッドをセーフティゾーンに退避する「HP 3Dドライブガード」をHP PavilionノートPCで初めて搭載。モニターを閉じた状態では細かい揺れも感知し、電源を入れながら持ち歩く際にも大切なデータを衝撃や振動から守る。脱着式のDVDスーパーマルチドライブを採用し、不要時には取り外して軽量化できるなど、動画編集用のハイパフォーマンスPCとしても、外出先で使用するモバイルPCとしても利用できるスペックを備えた。

 筐体の仕上げには、美しい外観と対磨耗性を実現する「HP Imprintテクノロジ」に加え、真空圧着による金属加工やデザインフィルムの下地に金属を混ぜて鏡のような光沢感を出す「VMフィニッシュ」を施し、筐体に金属的な質感を持たせた。筐体の側面まで同一のデザイン加工を施し、天板とパームレスト部には格子模様をモチーフにした新デザインのZEN-design gridを採用した。

dv3000/CT 「dv3000/CT」

 dv2800/CT Artist Editionは、2007年9月にHPが全世界で募集したHP Pavilion Notebook PCデザインコンテストの最優秀作品を製品化した、14.1インチワイド液晶搭載ノートPC。デザインコンテストには112の国と地域から8500点以上の応募作品が集まり、最優秀作品にはポルトガルのJoao Oliveira(ジョアン・オリヴェイラ)氏の作品「Asian Odyssey(アジアへのいざない)」が選出された。アジアンテイストをベースに、レトロとモダンが融合した斬新なデザインになっていると日本HPでは説明する。

 性能面では、インテルの45nmプロセスルールで製造された最新デュアルコアプロセッサ、NVIDIA GeForce 8400M GSグラフィックス、HDMIポート、DVDスーパーマルチドライブなど最新のスペックを備えた。

dv2800/CT Artist Edition 「dv2800/CT Artist Edition」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加