「1本で3台」が当たり前のセキュリティソフト、トレンドマイクロが1位獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティソフトは1本で3台まで使えるのが当たり前……そんな実態が明らかになった。3月の「BCNランキング」では、1本で3台のPCまでインストールできる「3ライセンス版」が販売本数の85.5%を占めている。その流れを生んだのはトレンドマイクロ。ここにきてメーカーシェアも大きく伸ばし、ついに王者シマンテックを抜いて1位に躍り出た。

 ●メインもサブも守ってくれる「3ライセンス版」が主流に

 以前から、1本のソフトに3台分のライセンスをつけたパッケージは販売されていた。しかし、06年9月にトレンドマイクロが発売した「ウイルスバスター 2007」で、3台までのPCにインストールすることを可能にしながら、同時に価格も下げた。これで一気に3ライセンス版が拡大した。旧版の「ウイルスバスター 2006」では1ライセンスで8925円。続く「ウイルスバスター 2007」では3ラインセンスで6594円(実勢価格)としたのだ。逆に更新料は3150円から4725円に値上げ。販売本数でのシェア拡大を狙い、ユーザーの初期負担を抑え、更新料で収益をカバーするというビジネスモデルに切り換えたわけだ。

【図と記事詳細はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加