SSDモデルへと進化--三洋電機、ポータブルナビ「ゴリラ」に2機種の新製品

加納恵(編集部)2008年04月08日 18時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機は4月8日、ポータブルナビ「ゴリラ」に4GバイトのSSDを採用した新製品「ゴリラ NV-SD700DT」と「ミニゴリラ NV-SB360DT」の2機種を発売すると発表した。発売は4月21日より。価格は両機種ともにオープンだが、店頭ではNV-SD700DTは10万5000円前後、NV-SB360DTは8万5000円前後で販売されると見られる。

 4GバイトのSSDと「GORILLAエンジン」の搭載が新製品の大きな特徴。メモリ容量は従来の2Gバイトから倍の容量へとアップすることで、個人宅用の電話検索データ約3000万件、タウンページの電話番号検索、約1000万件、ジャンル検索は約450万件と地図情報を飛躍的に増加させた。

 また、方面看板、3D都市高速入口、3D都市交差点拡大といった画像も数多く収録されているため、進路に迷いがちな場所でドライバーをサポートする。

 AV機能の充実も図られており、ワンセグチューナー内蔵に加え、SDメモリーカードに1週間10番組までの予約録画に対応。携帯電話でワンセグ録画したSDメモリーカードを再生することも可能だ。さらにGORILLAエンジンの搭載により、ナビ、AV機能の同時操作やモード切替などの高速化も図られている。

 NV-SD700DTは7型ワイド液晶を搭載した大画面タイプで、FM多重VICSに対応している。NV-SB360DTは、4.5型ワイド液晶を搭載し、本体にリチウムイオン電池を内蔵する。

ミニゴリラ NV-SB360DT(左)、ゴリラ NV-SD700DT(右) ミニゴリラ NV-SB360DT(左)、ゴリラ NV-SD700DT(右)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加