logo

2007年セキュリティアプライアンス市場は前年比13.8%増--IDC Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは4月7日、国内セキュリティアプライアンス市場動向を発表した。

 発表によると、2007年の脅威管理とセキュアコンテンツ管理を合わせた国内セ キュリティアプライアンス市場の出荷金額はコンプライアンス需要などが牽引し、前 年比13.8%増の396億円となった。内訳をみると、脅威管理アプライアンス市場が前 年比8.4%増の313億円、特にUTM(統合型セキュリティアプライアンス製品)の市場規模は前年比77.8%増の119億円と躍進した。 一方、セキュアコンテンツ管理市場はスパムメール対策やメールアーカイブなどのコ ンプライアンス対策需要により、前年比39.5%増の84億円となっている。

 同社のセキュリティリサーチマネージャーの花岡秀樹氏は「コンプライアンス 対策や情報漏えいなど、日々高度化、複雑化するセキュリティ用件をユーザー企業が カバーするには負担が大きく、今後はアウトソースサービス導入が進むだろう。アプ ライアンス製品ベンダーはセキュリティサービスと組み合わせるなど、ユーザーの負 担を最小限に抑えた、費用対効果の高いソリューション提供が求められている」と分 析している。

-PR-企画特集