logo

ビデオチャットの新興企業Seesmic、TwitterクライアントのTwhirlを買収

文:Rafe Needleman(Webware.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年04月04日 19時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビデオのナノブロギングとチャットサービスの一般公開を目指しているSeesmicは、AIRベースのTwitterクライアントである「Twhirl」を買収した。ReadWriteWebによると、Twhirlは最も人気の高いサードパーティー製クライアントであり、Twitter上で送信されているメッセージの約7%を占めている。

 TwhirlはドイツのMarco Kaiser氏によって開発された。これはKaiser氏が作成した初めてのAIRアプリケーションであり、同氏はこれをサイドプロジェクトとして開発した。Kaiser氏はSeesmicの新しい従業員として引き続きドイツにとどまる予定だ。

 筆者の考えでは、TwhirlはTwitterを利用するための最善の方法である。しかし、その地位も決して安泰とはいえない。Twitterのヘビーユーザーは移り気であり、より優れた新しいアプリケーションが登場すると頻繁に乗り換えてしまう。筆者は観察だけではなく体験に基づいてこれを言っている。

 しかし、Twhirlはライバルたちの数歩先を行っている。すでにTwitterと同様のサービスであるPownceJaikuにもクロスポストできるし、Kaiser氏はSeesmicの創設者であるLoic Le Meur氏が買収の提案をしようとKaiser氏にアプローチしたときに、すでにSeesmicとの統合作業に取り組んでいた(買収についてはLe Meur氏のブログを参照して欲しい)。

 Kaiser氏のアプリケーションは現在ではSeesmicの公式デスクトップクライアントに進化しており、最初のSeesmic対応版は2、3週間後に登場する予定だとLe Meur氏が筆者に語った。Seesmicはまだプライベートベータ版だが、Seesmic対応版のTwhirlが登場するまでには一般のアクセスに対して開放される予定だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集