logo

ビジネスモデルの構築が最大の課題--ネット対応テレビの現在 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット連携に向けた課題とは

 続いて、スペシャルゲストとして、UIEジャパンの鈴木萌え氏が登壇。同社の提供する技術「UIEngine」をデモンストレーションした。UIEngineは、グラフィックユーザーインターフェース自体をサーバから取得し、クライアントに搭載されたレンダリングエンジンで再生するソフトウェア技術。鈴木氏によれば「プラットフォームに依存しない点がメリット」といい、セットトップボックスや北米の携帯電話などに搭載されているとのことだ。

 それぞれのプレゼンテーションに続き、和蓮氏、岡本氏、井上氏の三者によるパネルディスカッションが行われた。主な内容は以下の通り。

和蓮氏:アプリキャストを見たとき、快適に動作することに驚きました。このためにメモリを増設しているわけではないのですよね。

岡本氏:ネット用のアプリケーションを搭載するためにテレビの価格を上げるというのは難しいので、メモリを増やすのは困難です。組み込み用のアプリケーションは使用メモリが非常に限られていますので、アプリキャストはスクリプトをメモリに書き出して実行し、終わったら破棄するといった仕組みになっています。これにより、アプリキャストのためにメモリを増やすことなく機能を実現しました。

和蓮氏:今後どういったネット系テレビアプリがでてきたら面白いでしょうか。

メタキャスト代表取締役兼CEOの井上大輔氏 メタキャスト代表取締役兼CEOの井上大輔氏

井上氏:米国にいるとき、パトカーと逃亡犯などのカーチェイスを生中継する「カーチェイスTV」という非常に人気のある番組があって、この番組が始まるとアラートを出してくれるようなサービスがありました。そこで僕がテレビに付いてほしいと思うのは「パトランプ」機能です(笑)。映像の内容によってアラートを出すものですね。

岡本氏:僕はアプリキャストでパトランプを実現してもらいたいです(笑)。私自身は、テレビの外にあるたくさんの面白いものを、テレビがこれまで取り込んでこなかったと思いますので、今後はどんどん取り込んでいきたいと思います。

井上氏:テレビ放送の映像と、外側にあるコンテンツが連動するようになってほしいですね。

和蓮氏:そうですね。ネットコンテンツと放送が連携する。たとえば、野球を見ながら選手の詳細情報をみたり、番組に関連しない情報を見たりといった楽しみ方ができるようになるといいですが、岡本さん、こういったことは難しいのでしょうか。

岡本氏:正直いって、現状では難しいです。これは技術的な問題というよりも、ビジネスモデルやサービスをどう設計するかという問題です。日本のテレビ番組は非常にクオリティが高いと思います。それはそれで相当のコストがかかっています。ネットコンテンツも、番組とうまく連携してよりリッチな体験を提供できるような設計をすべきであると考えています。近い将来に実現したいです。

和蓮氏:番組の映像を使って、同じ画面内で勝手に別のビジネスをやるというのは問題だということですね。

参加者:アプリキャストは他のメーカーのハードウェアでも使えるようにならないのでしょうか。

岡本氏:これは非常に難しい質問ですね。技術者として当然、個人的には、アプリキャストのような技術がオープンに作られるべきで、各社が別々のものを作るよりも同じインフラを使うほうが効率的だと思います。将来的には可能になるように、アプリキャストはなるべく普通のJavaScriptやXMLを使い、最低限の拡張で他社のハードウェアでも動くように設計しています。

参加者:ホームネットワークを使ったPCとの連携機能はあるのでしょうか。

岡本氏:ホームネットワークは、アプリキャストとは違ったポテンシャルを秘めていると思います。インターネットの場合は、ネット回線をテレビにつなげば使えるような状況にまでなりました。しかしホームネットワークの場合は色々な種類があり、設定も難しいなど、利用するに至るまでのハードルがまだまだ高いと考えています。このハードルを下げる方法をを丁寧に考えて実現すれば、非常に大きなチャンスがあると思います。

参加者:ネットの情報をテレビに持ってくるのではなく、テレビで見た情報をネットに出すようなサービスの可能性はあるのでしょうか。

岡本氏:これもビジネス、サービス、技術それぞれの設計が難しいですし、家電の開発サイクルを考えるとすべての用件をすぐに盛り込むのは困難です。ただ、これまでネット連携のための材料が揃っていなかったのですが、アプリキャストのようなものが登場してきました。こういったものを積み重ねていって、さまざまなサービスを実現していきたいです。

和蓮氏:東芝のDVDレコーダーには、予約履歴をアップロードするサービスがありますね。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]