エイアンドティー、ライコスジャパンからポータルサイト「Cafesta」を譲受

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MCJの連結子会社、エイアンドティーは3月28日、ライコスジャパンからコミュニケーションポータルサイト「Cafesta」を4月1日に譲り受けると発表した。

 「Cafesta」は、ユーザーが現実世界の友人を招待し、ネット上にオリジナルのコミュニティを構築できるほか、「アバター」と呼ばれる自分自身を投影させたキャラクターを作成して公開することで、同じ趣味を持つ仮想空間内のユーザーと情報交換・情報共有などが行える。現在、約177万人のユーザー登録がある。

 エイアンドティーは、ライコスジャパンからカフェスタ事業のすべてを承継。サイトを拡充することで、ユーザー数の増加や知名度の向上につなげる。また、MCJグループの製品プロモーション機能やアフィリエイト機能なども盛り込んでいく方針。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加