au携帯電話「W42K」の電池パックに破裂の危険

鳴海淳義(編集部)2008年03月28日 16時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京セラ製のau携帯電話「W42K」に搭載している電池パックの一部に、発煙や破裂の可能性があることを、KDDIと沖縄セルラー電話が3月28日に明らかにした。電池パックの外部にキズやヘコミがつく程度の力が加わっただけで、その後の使用中に電池パック内部でショートが発生し、発熱・膨張するという。

 対象機種であるW42Kは3月26日現在、21万4349台が稼働している。すでに電池パックが発熱・膨張し、発煙したり破裂したりする事故について13件の申告があったという。

 KDDIと沖縄セルラー電話は、すべてのW42K利用者に対し、3月29日より、順次、交換用の電池パックを送付する。

 破裂の危険がある電池パックの製造番号は下記の通り。

 KY−YEA、KY−YFA、KY−YGA、KY−YHA、KY−YIA、KY−YJA、KY−YKA、KY−XDA、KY−XEA、KY−XFA、KY−XGA、KY−XIA、KY−XLA、KY−WAA

w42k電池パックに製造番号が記載されている。
w42k「W42K」には4色のカラーバリエーションがある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加