logo

グーグル社員がまた1人Facebookに移籍--決め手はIPO前のホットな企業

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年03月27日 16時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 流れは明確だ。高い給料をもらっているGoogle社員、特に同社が2004年に行ったIPO以降に入社した社員を最も惹きつけるのは、新規株式公開(IPO)前のホットな企業である。そして、Facebookこそがその企業なのだ。

 今度新しくFacebookに移籍するのはEthan Beard氏だ。検索大手のGoogleでソーシャルメディア部門のディレクターを務めていた同氏は、人気のソーシャルネットワーキング企業であるFacebookで事業開発担当ディレクターを務めることになる。このニュースを最初に伝えたのはTechCrunchだった。

 今回の移籍は、Googleの販売担当責任者であるSheryl Sandberg氏が同社を辞めてFacebookに移ってからそれほど時間がたたずに出てきた話である。GoogleからFacebookへと移籍した人物としては他に、Google CheckoutのBenjamin Ling氏や、GDriveのJustin Rosenstein氏、YouTubeの最高財務責任者(CFO)を務めていたもののGoogleが2006年に同社を買収してから間もなく移籍したGideon Yu氏がいる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集