logo

Time Machine、AirMac Extreme接続のUSBドライブを認識--アップルがひそかにアップデート

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年03月21日 12時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleのOS「Leopard」のマーケティング資料から削除されたワイヤレスバックアップ機能が、ひそかに利用可能になっていることが分かった。

 Macworldによると、先頃リリースされたMac OS X用アップデート「Time Machine and AirPort Updates v1.0」をインストールしたところ、Time Machineが「Airport Extreme」(AirMac Extreme)ベースステーションに接続された標準的なUSBハードディスクドライブを認識し、Airport Extremeを持つLeopardユーザーは「Time Machine」機能を使用して自分のノートPCをワイヤレスにバックアップできることが分かったという。Macworldでは、Time Machineに外部ハードディスクドライブを認識させるには、Finderを使用してマウントする必要があるとしている。

 Appleは、2007年10月にリリースした最新のMac OS X Leopardの広告の中で、このAirport ExtremeとUSBハードディスクドライブを介したワイヤレスバックアップという、Time Machineが持つ機能について宣伝した。だが、発売直前になって、同機能に関する記述はAppleの広告から姿を消し、発売直後にLeopardを購入したユーザーたちは、USBハードディスクドライブが直接ノートPCに接続されていない場合、または複雑なストレージエリアネットワークを構築している場合、ノートPCでTime Machine機能を使用できないことを知るに至った。この機能が削除された理由は明らかになっていないが、単純にコードが未完成であったことが原因と思われる。

 Appleは1月、USBハードディスクドライブとワイヤレスベースステーションを組み合わせた、ワイヤレスバックアップを可能にする「Time Capsule」を発表した。しかし、299ドルと499ドル(価格は容量に応じて異なる)という価格は、既にAirport ExtremeとUSBハードディスクドライブを所有するユーザーにとって割高な選択肢だ。

 Time Capsuleは、ワイヤレスアクセスポイントとUSBハードディスクドライブを持たないユーザーにとり、ワイヤレスバックアップを手軽に実行できる方法だ。しかし、Airport ExtremeアクセスポイントおよびUSBハードディスクドライブと置き換えるためにTime Capsuleを購入したのなら、このたびの措置によりその必要はなかったということになる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集