ひそかに、確実にPCを守るセキュリティ対策ソフト--マイクロソフト 「Windows Live OneCare」 - (page 3)

マイクロソフト
内容:セキュリティ対策ソフトといえば、PCの動作を遅くする「必要悪」というイメージがないだろうか。マイクロソフトの「Windows Live OneCare」は、そんなイメージを覆す軽量ソフトで、 しかも出しゃばらない優れたセキュリティ対策ソフトに仕上がっている。

基本性能はしっかり、さらに付加価値も

 具体的な機能についてもうちょっと突っ込んでみよう。基本機能となるウイルス対策機能では、定義ファイルベースのウイルス検知に加えてヒューリスティック検知も対応。この辺りの基本性能はしっかりしており、セキュリティ対策ソフトの性能評価として著名なWest Coast Labs Checkmark認証、VB100% Award、iCSA labs Antivirus認証をそれぞれ獲得している。

  • ウイルス発見時の警告画面(ウイルスはテストウイルス)。Webからのダウンロード時やローカルで実行した時などに表示される

  • ウイルスの詳細をチェックできるほか、処理方法を選択することもできる

 ファイアウォールでは、受信パケットのみ監視するWindowsファイアウォールとはちがい、双方向のパケットを監視して攻撃をブロックしてくれるほか、PCを利用している「場所」が家庭・職場か公共の場かを切り替えることで、簡単にブロック設定を変更できる。特定のプログラム、ポート、プロトコルによって通信の許可・ブロックをカスタマイズすることもできる。

  • 利用する場所によって自動的に最適なファイアウォール設定が適用される

  • ファイアウォールの設定

  • チューンナップの実行画面

 特徴的な機能としては「パフォーマンス プラス」と「バックアップ」だ。パフォーマンス プラスは、PCのチューンナップを図るために更新プログラムの確認、HDDの最適化、不要ファイルの削除、ウイルスの確認、バックアップが必要なファイルの確認という複数の機能を自動実行してくれる。

 手軽にセキュリティの確認とデフラグ、不要ファイルの削除を行ってくれるため、定期的に実行しておくといい。

 バックアップは、外付けHDDなどに手軽にユーザーファイルをバックアップしてくれる。基本的にはユーザーが作成したテキストや画像、動画ファイルなどがバックアップの対象となり、定期的にバックアップすることが可能だ。写真が多いユーザーにとって便利なのが、写真のオンラインバックアップ機能を備えている点。別途有料のサービスだが、10GBの容量が用意されており、より安全に写真をバックアップできて安心だ。

 バックアップの設定も簡単で、外付けのHDDやネットワークドライブを指定するだけ。バックアップに必要なファイルは自動で抽出されるので、問題がなければそのまま実行すればいい。スケジュール指定も可能で、最初は完全バックアップが行われ、それ以降は差分バックアップが行われる仕組みだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]