logo

映像内の「テロップ」を検索キーワードとして利用--日立がシーン検索の基本技術を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は3月17日、映像内のテロップを検索キーワードにして膨大な映像コンテンツの中から必要な情報(シーン)をすばやく探し出すことのできる映像検索機能の基本技術として、テロップの文字を自動認識する新方式の文字抽出技術を開発したと発表した。

 今回開発された技術は、登場人物や地名などを紹介するために映像につけられているテロップの文字画像を高精度で抽出し、文字認識を行うことによって、テロップから自動的に文字データへ変換するというもの。複数行のテロップや、黒文字と白文字が同一行で使用されているような複雑なテロップにも適用することができ、テロップの形やデザインにかかわらず文字抽出ができる。

 同技術を用いた評価実験では、90%以上の精度で映像中のテロップから文字を認識できることを確認したという。

 テロップから自動的に変換された文字データをキーワードとして登録しておくことで、キーワードを手動で付与することなしに、多数の映像コンテンツから必要な映像シーンを見つけ出すことができ、映像コンテンツに含まれるキーワードを抜き出して提示することで、映像コンテンツの概要を把握することなどが可能になるとしている。

 日立では、3月18日から21日にかけて北九州市で開催される「電子情報通信学会2008年総合大会」で、同技術の発表を行うとしている。

-PR-企画特集