デジタル一眼初心者モデル百花繚乱、春の陣前半戦の動向は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この春は、初心者向けデジタル一眼レフカメラの発売ラッシュが続く。2月にはソニー、ニコン、ペンタックスの3社から3モデル。3月から4月にかけては、ソニーとペンタックスがさらに2モデルを追加、キヤノンとオリンパスもそれぞれ初心者向けモデルを発売する。そこで、初心者向けデジタル一眼前半戦として3月7日までに発売されたモデルの最新動向を「BCNランキング」でまとめた。

●トップシェア圏内に入った「D60」、「α350」は発売3日で5位に

 注目はデジ一眼市場でキヤノンと熱いトップシェアを争うニコンが2月22日に発売した初心者向けの「D60」だ。1位はキヤノン「EOS KissデジタルX」に譲ったものの、3月の第1週(3月2日−3月9日)の週次データで販売台数シェア12.5%を獲得して2位に入った。

【図と記事詳細はこちら】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加