ソニー・エリクソン、ドコモ撤退「予定はない」--ただし、商品化計画については見直しを実施

岩本有平(編集部)2008年03月10日 13時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは3月10日、一部メディアで報道されたNTTドコモ向け携帯電話端末の開発および生産中止についてコメントを発表した。

 報道は、同社のNTTドコモ向け携帯電話事業について、2008年夏に発売する製品を最後に開発および生産を打ち切り事実上撤退。その後は国内の携帯電話メーカーから製品を調達し、同社ブランドで供給するというもの。

 これについて、同社では、「商品化計画について一部見直しをしているのは事実」とした上で、「開発を含めて日本国内での事業中止の予定はない」とコメント。ただし計画の詳細については「相手先ビジネスに関わる情報である」として明言していない。

 同社は英Sony Ericssonの日本法人。Sony EricssonブランドでNTTドコモおよびauに携帯電話端末を供給している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加