logo

NHK、受信料を支払っている顧客向けに無料のPC・携帯電話向けサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKは3月7日、受信料を支払っている顧客向けに、NHKの番組をより楽しむことができる無料のPC・携帯電話向けサービス「NHK+IDサービス」を3月11日から開始すると発表した。

 インターネットを使って「NHK+ID」とパスワードを登録することで、個人の好みにあわせた各種サービスや、手続き・申し込みの簡単受付サービスを利用できる。登録できるのは、受信契約の問い合わせや勧誘をすることに同意してもらえる利用者。受信契約のない利用者でも登録はできるが、すべてのサービスを利用することはできない。「NHK+ID」の登録は個人単位で行い、受信契約者本人のほか同居している家族も、無料で「NHK+IDサービス」を利用することができる。

 あらかじめ好みの番組や希望の地域を登録しておくと、「見逃した番組の再放送メール通知」や「公開番組・イベント開催情報のメール通知」をPCや携帯電話で受け取れる。「NHK番組の先取り情報や番組制作の裏側探訪」では、番組情報誌「ステラ」のインターネット版「ネットステラ」をタイムリーに利用することが可能で、「ステラ」にはない情報を楽しむこともできる。「割引券のダウンロード」では、東京・渋谷の NHKスタジオパークの割引券などをダウンロードできる。

 各種の手続きサービスは24時間利用でき、「NHK+ID」があれば名前や住所などを入力する必要もない。手続きをすると「NHK+IDポイント」が貯まり、獲得したポイントを、番組観覧チケットや非売品のNHKオリジナルグッズなどの特典と交換できる。4月からはサービスメニューの充実を図るとともに、アンケートやメールなどで意見や要望を受け付け、より満足度の高い視聴者サービスを目指す。

-PR-企画特集