ディズニー、どう売る初の携帯電話、店舗や箱、紙袋にまで「世界観」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウォルト・ディズニーは3月1日、「ディズニー・モバイル」初の携帯電話端末「DM001SH」の店頭販売を開始した。ソフトバンクモバイルから回線や設備、販売網を借りて乗り出した携帯電話事業の1号機だ。

 全国のソフトバンクショップや家電量販店で取り扱うが、東京・表参道の「ソフトバンク表参道」でも販売に力が入る。まず入り口にミッキーマウスの装飾を施してユーザーをお出迎え。店内には専用の販売ブースも登場し、来店者の目を引いていた。製品の位置づけとしてはあくまでも「ディズニー・モバイル」の端末ということで、専用の箱や紙袋、カタログなども用意し、ここでもディズニーの世界観を演出する。

【写真と記事詳細はこちら】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加