セレゴ・ジャパンの英語学習SNS「iKnow!」、サービス開始から5カ月でユーザー数10万人に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セレゴ・ジャパンは3月4日、同社の運営する英語学習ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「iKnow!」のユーザー数が、サービス開始から5カ月で10万人を超えたと発表した。

 iKnow!は、英語を学ぶ人のためのパーソナル学習アプリケーションを搭載した無料のコミュニティーサイト。2007年10月1日にベータ版サービスを開始したiKnow!は、脳科学に基づいて開発されたラーニングエンジンをもとに、ユーザーに最適な学習プランを提供する。また、コミュニティ機能などを実装している。

 また、5時間以上iKnow!で学習したユーザー数は約2万人となり、全ユーザーの学習時間の総計が36万時間、全ユーザーの学習アイテム(単語・フレーズ)数は4216万アイテムとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加