Nine Inch Nails、インターネットで新アルバムをリリース

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年03月04日 12時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音楽バンドNine Inch NailsのTrent Reznor氏が36曲を収めたインストゥルメンタルアルバムをインターネット経由でリリースし、自主配布活動を続けている。

 このアルバム「Ghosts I-IV」は米国時間3月2日に同バンドのウェブサイト「NIN.com」で販売が開始された。このアルバムには、複数の価格帯が設定されている。

 このアルバムの最初の9曲分は無料で提供される。アルバム全曲をデジタル版で購入すると価格は5ドル。また、アルバムのディスクセットが10ドル〜300ドル(付属するボーナス特典やグッズによって異なる)で購入可能となっている。

 このアルバムのリリースで、独自にオンライン販売活動を行う取り組みとしてはNine Inch Nailsが最新となる。オンラインでの販売活動は、英国の音楽バンドRadioheadにより話題となった。Radioheadは2007年10月に「In Rainbows」をインターネット販売し、購入者が楽曲の値段を決めることができるという方式をとり、音楽業界に衝撃を与えた。

 2007年にレコードレーベルと決別したReznor氏は、Radioheadのこの取り組みを称賛した。同氏は、10月のIn Rainbowsリリース直後、ほとんど無名の音楽アーティストSaul Williams氏がオンライン限定のアルバムを同様の方法でリリースすることを支援した。

 演奏者はBitTorrentやそのほかのファイル共有技術を受け入れるべきだというReznor氏の考えに沿い、Nine Inch Nailsは新曲の一部をBitTorrentサイトにアップロードしている。

 Nine Inch Nailsは声明で、「われわれはもはやレコードレーベルに縛られることはない。4作品のうちの1作目であるGhosts Iを複数のファイル共有サイトにアップロードすることにした。これは、われわれはBitTorrentが革新的なデジタル配布方法であると信じているからだ」と述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加