ネット犯罪、児童買春・ポルノ摘発は減少、出会い系は大幅増--警察庁まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 警察庁はこのほど、2007年の少年非行・犯罪状況をまとめた調査結果を公表。出会い系サイトやインターネットにより、未成年が巻き込まれる事件の実態が明らかになった。

 まとめによると、2007年の「児童買春・児童ポルノ禁止法」違反事件は1914件。児童買春で摘発された1347件のうち、679件が出会い系サイトをきっかけとしたもので、前年の775件から減少した。また、児童ポルノで摘発された事件567件のうち、インターネットが関係した件数は192件で、前年251件から減少している。

 一方、「出会い系サイト規制法」に違反した事件は122件。前年比で159.6%と大幅に増加した。このうち、児童の側から持ちかける例が前年の約3倍に増加し、全体の約半数を占めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加