logo

アップル、音楽販売でBest Buyを抜き業界第2位に--米調査

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年02月27日 14時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが音楽販売に対する支配力を強め続けている。同社のオンライン音楽ストア「iTunes」が米国第2位の音楽販売店となった。

 米調査会社NPD Groupのリポートによると、今やiTunesは5000万人以上の顧客を抱え、2007年には40億曲以上を販売したという。

 iTunesは、音楽販売でBest Buyを抜き、Wal-Martに次ぐ第2位に躍り出た。Appleの勢いは止まらない。iTunesがAmazonを抜き、米国第3位の音楽販売店となったのは、つい2007年6月のことだ。

 iTunesがWal-Martを抜き、音楽販売で首位に立つまで、あとどのくらいの時間を要するのだろうか。

 音楽業界全体にとっての好材料としては、NPDによると、楽曲ベースの販売が6%増加している点だ。その増加分の大半は、オンライン販売によるものだ。

 一方、悪い知らせは、CD販売の減少により、支出額が10%減少したことだ。インターネットユーザー1人当たりの支出額は、およそ44ドルから40ドルに減少した。NPDによると、米国のティーンエイジャーの半数近く(48%)が2007年にCDを1枚も購入しなかったという。2006年の同様の調査ではおよそ38%だった。

 NPDは、2007年にCD購入者がおよそ100万人減少したと推計している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集