NRI、日本コムシスと共同でスマートフォンによるカメラ画像閲覧システムを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野村総合研究所は2月19日、スマートフォンによるカメラ画像閲覧システムを日本コムシスと共同でデータセンター向けに開発、2008年3月より販売すると発表した。

  今回開発したカメラ画像閲覧システムは日本コムシスの携帯電話向け画像転送 技術とNRIのワイヤレス技術およびシステム化技術を組み合わせたもの。スマート フォンで撮影した画像を無線LANのWi−Fiを用い、制限されたネットワーク上にある画 像サーバに転送、遠隔サイトから画像を閲覧できる。また、セキュリティ面を重視 し、スマートフォンで撮影した画像を自動転送後、端末から即時に抹消する機能や閲 覧するPC上からの画像データのダウンロード、コピー、印刷などの機能をシステム的 に禁止、制限している。そのほか、拡大画面を表示させることで、名称など細かいレ ベルまでの情報を確認できるという。

  システムのスマートフォンにはWindows Mobile6.0ベースのウィルコム社製 Advanced[es]シリーズを採用。システムのアプリケーションパッケージの価格は 150万円〜。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加