DeNA、新潟市に300人体制の「モバゲー」パトロールセンター設立へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DeNAは2月18日、新潟県新潟市内にカスタマーサポート(CS)センターを開設すると発表した。

 開設は4月14日で、約50人規模で業務を開始する予定。最終的には約150人規模のCSセンターを目指す。また、センター開設に向け、オペレーション業務を行う人材の募集を2月下旬から開始。3月下旬より研修を行っていく予定。さらに、このたびのCSセンターの開設にともない、障害者の雇用も推進していく。

 DeNAは、ケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」のサービスを開始以来、10代のユーザも多いことから、サイトの健全化に取り組んできた。このたび、サイトパトロールの監視体制を強化するため、本社に加えCSセンターを新潟県新潟市に開設することとなった。

 CSセンター開設後は、すでに実施している24時間、365日体制での監視、ルール違反の書き込みの抽出と削除、投稿画像の全件目視チェック、ユーザに対する啓蒙活動など、これまでの取り組みを、さらに強化するとしている。

 なおDeNAでは、新潟市にCSセンターを開設するにあたり、新潟市は人口約80万人を擁する都市であり、かつ20代の労働力人口も国内トップクラスであること、新潟県及び新潟市の助成制度が充実していること、比較的低コストでの開設、運営が可能であることなどを理由としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加