ららぽーと、Suica、Edy、iD対応のリーダ/ライタを国内で初めて導入

松田真理(マイカ)2008年02月14日 18時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ららぽーとは2月14日、JR東日本とビットワレットが展開する「Suica」と「Edy」、NTTドコモが展開する後払い電子マネー「iD」の3種類の電子マネーが利用できる共用リーダ/ライタの運用を開始すると発表した。国内では初の導入になる。

 共用リーダ/ライタに採用したシステムは、JR東日本とNTTドコモが設立した「共通インフラ(共用リーダ/ライタと共通利用センター)」をららぽーとの店舗で使用するため、NTTデータがマルチ決済システムとして取りまとめた。このマルチ決済システムにより、店舗に設置する東芝テックのPOSレジと共用リーダ/ライタが連動し、端末の設置スペースを削減する。

 共用リーダ/ライタは2月22日より、ラゾーナ川崎プラザで運用を開始。その後、アーバンドック ららぽーと豊洲、ららぽーと柏の葉、ららぽーと横浜などに順次導入していく予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加