Firefox 3 Beta 3レビュー - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Beta 1登場

 Firefox 3 Beta 1が発表されたのは去年の11月20日だ。Beta 1では、約200万行にも上るソースコードを修正したといわれる新しい描画エンジン「Gecko 1.9」が搭載されたほか、ブラウザのインタフェースも改良された。以下に、Beta 1で実装された主な新機能や改良点を挙げよう。

  • 動作の全体的な高速化
  • Acid2 Browser Test合格
  • Windowsになじむユーザインタフェース
  • 画像の拡大縮小を含むズーム機能
  • ロケーションバーの表示の改善

 一方で、メモリ使用量に関してはFirefox 2とはほぼ変わらず、期待に応えられない結果となった。

そしてBeta 2登場

 Firefox 3 Beta 2は、Beta 1のリリースから約1カ月後の去年12月19日にリリースされた。Beta 2では、さらにパフォーマンスの向上やメモリ使用量の改善など、900に上る改良が加えられた。以下にBeta 2の主な新機能や改良点を挙げる。

  • メモリ使用量の減少
  • 動作のさらなる高速化
  • スマートブックマークフォルダ機能
  • ロケーションバーの高度な自動補完機能

 Beta 2では、大きな問題点が話題になることはなかったように思える。

Beta 3への期待

 Firefox 3 Beta 3では、以前から注目されている機能が2つあった。それは、新しいナビゲーションボタン「キーホール」と、アドオンの管理画面から直接アドオンを取得できる機能だ。

 「キーホール」は、その名の通り鍵穴の形をしたナビゲーションボタンで、「戻る」「進む」ボタンの役割を果たす。Firefox 3を特徴づけるデザインとなることだろう。

 また、アドオンの管理画面に加えられた新機能は、アドオンの管理画面から直接新しいアドオンを検索して取得することを可能にする。ウェブページを表示させてからダウンロードを行う必要がなくなったことで、アドオン導入の敷居が下がるものと見られている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]