サンワサプライ、iPod nanoの充電・同期が可能なUSBハブ、オーディオ出力も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンワサプライは2月6日、iPod nanoを充電でき、外部出力も可能な3ポートのUSBハブ「USB-HUB235Dシリーズ」を発売した。カラーはブラックとシルバーの2色。価格は6090円。

 iPod nano用のDockと3基のUSBポート、3.5mmステレオミニジャック端子を搭載したUSBハブ。PCとつないで通常のUSBハブとして使えるほか、本体のDockにセットしたiPod nanoを充電することができる。充電しながらPCのiTunesとのデータ同期も可能。

 また、背面の3.5mmステレオミニジャック端子には、付属のYケーブルでパソコンの外部スピーカーとPCの両方を接続可能で、Yケーブルの切り替えスイッチでiPod側を選択すればiPodの音楽を、PC側を選べば、PCで再生中のDVDやワンセグの音声を再生できる。

 電源は、付属のACアダプタを使用するセルフパワーとバスパワーの両モードに対応。サイズは幅80×奥行き80×高さ40mm、重さは約123g。対応するiPodは第1・2・3世代のiPod nano。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加